今回は超軽量で安価なカスケードワイルドの「ウルトラライトフォールディングテーブル」を紹介します。

カスケードワイルド ウルトラライトフォールディングテーブル (¥1,836)

ウルトラライトフォールディングテーブルの特徴

ウルトラライトテーブルはポリプロピレン製の所謂プラスチックダンボール(通称プラダン)で作られており公称63g。

本来アウトドアテーブルと言えば、フレーム+天板であり、自ずと木製か金属製となるのですが「この手があったか!」という感じでね。

63g位はどの程度の軽さかというと身近にあるもので例えれば「砂糖大さじ7杯分」と言えばイメージが湧きやすいでしょうか。

素材が素材なのでバックパックなどに無理なくフィットさせることが可能、安価であるので破損も気になりません。

仮に折れなどがあっても簡単に手で修正可能であるので使用不能になるほどの破壊は逆に困難と言えます。

基本プラダンであるので熱に弱そうではありますが、プラダンはそもそも断熱材としての使用も想定されているので実は熱にも強く、公称で162℃、さらに耐荷重も4Kgとなっているのでこのテーブルに載せられるものであれば重さを心配することもなく、正にガンガン使えます。

但し、熱にも強いとは言っても火器の使用を推奨するほどではありません。

上記写真にアルコールストーブが乗っていますが、本来はカーボンフェルトなどの断熱シートを敷くべきです。

テーブルは不要?

いいことだらけの商品に見えるかもしれませんが、ここで一つ疑問があります。

「わざわざテーブルを持っていく必要があるのか?」

確かに、雨などで地面が泥濘んでいる場合を除き、食器や火器を地面に直接置いても問題なさそうです。

しかし、実際に不潔かどうかは別としても精神衛生的面でテーブルは有ったほうがいいに決まってますし、更にはみすぼらしくなりがちな登山の食事でもテーブル一つで何となく食事が豪華になったような気がするのも事実。

「人はパンのみに生きるにあらず(実は誤用ですが)」という諺があるように荷物を制限したいアウトドアであってもなるべく文化的な行動をしたいものですね。

その他の機能について

  • 組み立てはスナップボタン(現在はテーブル支え部分のみマジックテープ)
  • スナップボタンにて二台連結可能(現在はマジックテープによ縦方向連結にも対応)
  • 逆さまにしてトレーとして(メーカー説明ですがちょっと苦しい)
  • 脚の凹みを利用して倒木にも使用可能

上記にもあるように現在は仕様変更され、一部リフレクター機能が追加されていますが基本性能は変わりません。


サイズは小さいですがあると重宝する「ウルトラライトフォールディングテーブル」、絶対のオススメ商品です

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう