今回は浅草の産業貿易センターで開かれた合同展示会に行ってきました。

出品社は少なめですが、横綱級の代理店ばかりで非常に内容の濃い展示会でした。

モチヅキ

どーんと巨大マット「モンドキング3D」のお出迎え。初めて見ましたがサーマレストの中でも最も寝心地の良い製品です。

トレック&キャンプシリーズの新マット「ネオエアートポラックス」。エア式とは思えないコシのある寝心地でした。 恐らく言われなければエア式とは気づかないと思います。

こちらは一段下のモデル「ネアエアートポ」。これでも十分ですがラックスに寝てしまうとやはり少し劣ります。

2020SSからバルブがほぼ全てのモデルで新バルブへと変更されます。従来より3倍速くエアーが入れられるそうです。 逆止弁が付いているので常に息を吹き込む必要はありません。更に高強度、半回転で閉じるバルブ、従来より二倍速く抜けるウィング付きなど盛りだくさんな機能となりますが、従来バルブは長年の歴史で完成されているのに比較し、新バルブは耐久性・故障率という点では不明なので2020SSまで買い替えを控える必要はないでしょう。

既存マットも新しいバルブに変更されます

アメリカで暖かさに対する規格が統一されるそうで、今後アメリカで発売されるマットは全てこの新しいR値基準でスペック記載されます。これによって他のメーカーとの断熱性能比較が正確になります。こういうのは流石アメリカですね。ちなみにモンベル輸出系のマットに対しても採用必須なので比較が可能です。

新しいマットR値基準に関するこぼれ話

サーマレストのマットを新しいR値基準で測りなおした所、殆どのマットのR値が逆に上昇。

今まで世界最高R値と自負していたメーカーのマットでは逆にR値が下がってサーマレストと逆転。同社が如何に厳しい基準で自社製品を評価していたかが分かります。

ただし、ちゃっかりこういう話を公表しちゃうのが主張の強いアメリカ人らしいですね(笑)。

高スペックシュラフのハイペリオン。高いですがフィルパワー900なので仕方ないかも

嘘みたいに小さくなります。流石フィルパワー900ですね

MSRの新型テントHabitude6です。横壁が立っており居住性は極めて良さそうでした。

お値段もそこまででではない模様

とうとうMSRでもワンポール三角テントが日本でもリリースされます。設営の簡単さはワンポールならではですね。

収納サイズもかなり小さい

今年はガス検で残念なことになりましたが、来年は絶対リリースと意気込んでいます。

こんなトランスフォームなストーブ「ポケットロケット2」もリリース

カッコよさで言えば間違いなくMSRがNo1のクッカー類。けど高い!

今回の目玉である焚き火台。アルミ製組み立て式で軽量なのにかなり巨大になります。お値段は驚異の¥14,000! 上についてるグリルは流石に別売りです。

焚き火の受けはメッシュでその下にはアルミシートが装着され灰が落ちないような配慮も

名称は「ポップアップピット」。アルミの耐熱性が心配な所ですが、アチラは豆炭が主流で枠にはさほど熱が行かずこれでもOK。木炭や薪を使う日本で大丈夫かどうかはモチヅキさんでも懸念してるようで、改良依頼を考えているそうです。

こんな縦型収納で重量も相当軽かったです。

AtWoodロープの巻取りツール。本国であるのは知ってましたが日本でもやっと発売。欲しいです

モチヅキさんが驚くほど売れている「ファイヤービナ」。来年は価格上昇です

サンウエスト

バイシクルという名のコーヒー。自転車に乗ってセールスがコンセプト。味は凄く美味しかったです

MiiRの真空ボトル類。細長いのはワイン用との事ですが、細長い真空ボトルはあまりないので実用性高そうです

こちらはキッズ用のボトル。ストロー収納式ですが、大人が使っても使いやすそうです。

350mm缶の保冷・保温用ボトルです。ねじ込み式でロック出来るのが他のブランドとは違うところです。

イーグルネストアウトフィッターのチェア。ハンモックを得意とするブランドだけあってハンモック構造で荷重を受けます。 好感が持てるので肘掛けにちゃんとパットが仕込んであるところ。座ってみましたが、座り心地は一度座ると立ちたくなくなるほどでした。

ハンモックのバリエーション。コスパは意外と良いです

ヴァーテックス

人気のグラナイトギアでエアキャリアーとエアグロッセリーとワレットのタクティカルラインが展開されます。 これは欲しい!

サッコッシュのニューカラー

新商品エアスリンジャー

こちらは既存のクラシカルジップサックですが、初めてXLサイズを見ました。ダッフルバック並に大きくて価格も安いので色々使えそうです。

山専ボトルに新色が追加されます。マットな色合いで渋いですね

ルビーテックのバズコンパクト。既存とのバズ(蚊取り機能付きUSBランタン)との違いは収納サイズ

このように縮みます

ファイントラック

定番のドライレイヤーがベーシック・クール・ウォームと3つのバリエーションに分かれます

ベーシックはオールシーズン。クールは夏専用、ウォームはウォータースポーツや冬用という感じです

化繊のインナーポリゴン2UL。単体ではアレですが、収納サイズも小さいので非常用に重宝しそうです

前回の展示会でも驚愕しましたが、相変わらず素晴らしいネオリーフTシャツ。日常からアウトドアまでこれほど万能性の高いTシャツはありません。既に品薄で手に入りません。

夏向けのクロノパンツとクライミング用トルネードパンツ。トルネードパンツは機能は良いとしてもクライミング用であればもう少しデザインを頑張ってもらいたいところです。

当店でも超押しのストームゴージュアルパインパンツ。後世に残すべきアウトドアウェア

新製品のカミナモノポール。一本のポールで設営するテントですが、なんとこれで二人用。互い違いに寝ることで二人対応してます。中を見ましたが確かに二人、しかもある程度ゆったりと寝れそうです。この発想はなかった!しかも重量は1キロを切ります。

定番のカミナドーム。長辺側に出入り口がありつつも他の山岳テントより軽いです

まだまだ普及率は低いですが「ポリゴンネスト」は化繊とは思えないほど小さく、温かいです。同じ収納サイズ、重量であれば他の化繊寝袋の0.5段温かいです


全てを紹介出来ずに残念ですが、今回は2020SS展示会では最も盛りだくさんでした。入荷が待たれる商品ばかりで2020年が楽しみです

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう